野菜

【ビアエス料理レシピ】ハンディシェイクブレンダーで手軽に野菜、ほうれん草の食パン!

緑の野菜が苦手な人って多いですよね。

でも栄養豊富な緑の野菜、やはり食事に取り入れていきたいものです。

今回はハンディシェイクブレンダーで作ったほうれん草のピューレを使ってホームベーカリーでパンを焼いてみました。

▽材料

ほうれん草のピューレ 20g
強力粉 260g
てんさい糖(砂糖) 15g
塩 4g
牛乳 220ml
バター 15g
ドライイースト 4g

▽作り方

1.ハンディシェイクブレンダーでほうれん草のピューレを作る。(ほうれん草のピューレ記事参照)



2.ドライイースト以外の材料をホームベーカリーに入れる。ドライイーストは専用の場所に入れる。

3.早焼き、焼き色淡いに設定して焼く。

 

▽作った感想

緑色がキレイなパンが焼けました。

味としてはそこまでほうれん草を感じることが出来ませんでしたが、野菜嫌いの人にはちょうどいいかもしれません。

私はパナソニックのホームベーカリーを使っていますが、それぞれお持ちのホームベーカリーに合わせて作ってみてください。

ほうれん草の味もしっかり味わいたい場合はもう少しほうれん草のピューレの量を増やしてもいいかもしれません。

その場合は牛乳の量を少し減らして調節してみてください。

手軽に野菜を取れる方法が見つかったのでまた焼きたいと思います!

【ビアエス料理レシピ】ハンディシェイクブレンダーを使って栄養満点、ほうれん草入りパンケーキ!

離乳食の時期に困ることといえば、野菜を食べてくれないということ。

多くのママさんが悩むところだと思います。

そんな野菜もハンディシェイクブレンダーを使えば簡単に料理に取り入れることができます。

今回は子供たちみんな大好き、パンケーキに鉄分などの栄養素が豊富に含まれているほうれん草を入れてみました。

▽材料

ほうれん草 50g
バナナ 1/2本
牛乳 50ml
薄力粉 50g
ベーキングパウダー 小さじ1/2

▽作り方

1.ほうれん草を下茹でし、絞って2センチ程度に切っておく。


2.1のほうれん草、バナナ、牛乳をハンディシェイクブレンダーに入れて攪拌する。(ハンディシェイクブレンダーを1回稼働させるだけで十分です。)


3.2で出来たほうれん草のピューレをボールに入れ、そこに薄力粉、ベーキングパウダーを入れてヘラなどでかき混ぜる。


4.フライパンでまずは片面を焼く。表面がプツプツしてきたら、フライ返しなどでひっくり返して裏面も焼く。

▽作った感想

ハンディシェイクブレンダーを使うことで、野菜を裏ごししたり、細かく刻んだりする手間が省けかなりの時短になりました。

味はバナナの甘い味がして、子供がとても喜ぶ味でした。

今回、砂糖などは入れませんでしたが、甘みが足りないと思われる方は小さじ1程度砂糖を加えても良いと思います。

ほうれん草をニンジンに変えれば、ニンジンのパンケーキにもなります。

ぜひ試してみてください。

その場合はニンジンをレンジで加熱し柔らかくしてからお使いください!

【ビアエス料理レシピ】ハンディシェアブレンダーで簡単離乳食、野菜ペースト!

ハンディシェアブレンダー レシピ 野菜ペースト

ハンディシェアブレンダー レシピ 野菜ペースト

生後6ヶ月あたりを過ぎた頃からそろそろ離乳食を始めなきゃ!と思うママさんたち。

でも離乳食作りって面倒だなぁって思っていませんか?

今回、ハンディシェアブレンダーを使って初期の離乳食に使える野菜のペーストを作ってみました。

人参、カボチャ、サツマイモのペーストを作ります。

 

材料

ハンディシェアブレンダー レシピ 野菜ペースト

ニンジン 80g

かぼちゃ 80g

さつまいも 80g

 

手順

まずは野菜を柔らかくします。

離乳食で使うので皮はむいておきます。

野菜は鍋でクタクタになるまで煮る方法もありますが、育児に家事に手が回らないこの時期、出来れば手間をかけたくないですよね。

ズボラな私が実践していたのは、炊飯器を利用する方法です。

 

ハンディシェアブレンダー レシピ 野菜ペースト

大人のご飯を炊く時に、野菜も一緒に入れてしまいます。

方法は簡単です。

①小鉢や小さなコップに、野菜と水を入れる。

②お米を研いで、通常の水の量を入れる。

③炊飯器に、小鉢なども入れて普通に炊飯する。

これで野菜が柔らかくなります。

こちらをハンディシェアブレンダーで潰したいと思います。

 

まずは人参。

ハンディシェアブレンダー レシピ 野菜ペースト

炊飯器で柔らかくした人参とお湯50mlをハンディシェアブレンダーへ投入します。

30秒を2回稼働してみました。

まだ固まりが見えます。

追加で30秒を2回稼働しました。

滑らかなペーストができました。

裏ごしの必要もありません。

野菜の裏ごし作業は結構面倒なので、これを省けるのはありがたいですね。

 

次はさつまいも。

ハンディシェアブレンダー レシピ 野菜ペースト

さつまいもはレンジでチンして柔らかくしてみました。

火を使わず調理できる方法を考えてみました。

 

柔らかくしたさつまいもとお湯50mlをハンディシェアブレンダーへ投入。

30秒を2回稼働してみました。

まだ固まりが見えます。

4回ほど稼働すると滑らかになりました。

さつまいもは少し時間が必要かと思いました。

鍋で柔らかく煮た場合はもう少し楽に潰せると思います。

牛乳が大丈夫な時期になったら、お湯を牛乳に変えて作ると、さつまいもクリームができます。

 

最後にカボチャ。

ハンディシェアブレンダー レシピ 野菜ペースト

かぼちゃも電子レンジでチンして柔らかくしました。

これだけでもかなり柔らかくてスプーンで潰してもいいくらいでしたが、ハンディシェアブレンダーを使ってみました。

ハンディシェアブレンダーで30秒撹拌しただけで、とっても滑らかなペーストができました。

 

作った感想

ハンディシェアブレンダーを使うことで、裏ごしの手間が省けることがとても楽でよかったです。

出来上がったペーストも滑らかでした。

このペーストは冷凍保存もできるので、使う量に小分けして冷凍しておくと便利です。

パンが食べられる月齢になってきたら、野菜ペーストを挟んでサンドウィッチのようにしても美味しいです。

野菜を食事に簡単に取り入れることができます。

ハンディシェアブレンダーは離乳食作りにも大活躍でした!

【ビアエス料理レシピ】ハンディシェアブレンダーで簡単調理!野菜のポタージュ

ビアエス 料理 野菜のポタージュ

子供に野菜を食べてほしい!そんな声をよく聞きます。

お母さんたちはいろいろ苦労して料理していますよね。

そんな野菜嫌いな子供でも喜んで食べてくれるようなハンディシェアブレンダー(ミキサーでも出来ます)を使ったレシピをご紹介します。

 

ニンジンは子供が嫌いな野菜の上位に入りますよね。

でも栄養価がとても高いので親としては食べさせたいです。

これは昔から母がよく作ってくれていたスープです。

 

「栄養満点!野菜のポタージュ」

ビアエス 料理 野菜のポタージュ

 

材料(4人分)
・ニンジン 1本
・じゃがいも 1個
・玉ねぎ 1個
・コンソメ 1個
・塩 少々
・コショウ 少々
・水 200ml
・牛乳 大さじ2

 

作り方
① ニンジン、じゃがいも、玉ねぎを一口大に切る。

ビアエス 料理 野菜のポタージュ

 

②切った野菜をお鍋に入れる。水を野菜が隠れる程度に入れる。

ビアエス 料理 野菜のポタージュ

コンソメ、塩コショウを入れて野菜が柔らかくなるまで煮る。

 

➂ クタクタになった野菜をハンディシェアブレンダーに入れる。

牛乳を加えて30秒攪拌する。

ビアエス 料理 野菜のポタージュ

 

ポイントは野菜を煮る時に出来るだけ水分を入れすぎないことです。

私はストウブの鍋やバーミキュラの鍋を使って野菜を煮ます。

そうする事で野菜から出る水分だけで美味しいスープを作ることができますよ。

 

今回は水を200ml入れました。

30分ほどことこと煮た後に火を消して余熱で1時間程度置いておきました。

野菜はクタクタに煮えている状態でした。

ビアエス 料理 野菜のポタージュ

 

今回の分量だとこのハンディシェアブレンダーには全量入りませんでした。

そこで半分ずつに分けて攪拌しました。

半分野菜を入れて大さじ1の牛乳を加えて攪拌してみました。

それを繰り返して出来上がりです。

 

ハンディシェアブレンダーで攪拌したことで、トロッとしたスープになりました。

ビアエス 料理 野菜のポタージュ

舌触りもとてもよく美味しかったです。

4歳の子供は「ふわふわしていて美味しい」といって完食してくれました。

こんな嬉しいことはありませんね。

 

今回、大人用には上に黒胡椒を振ってみましたが、パセリを飾ってみたりするのも綺麗だと思います。

クルトンにも合いますので、ぜひ試してみてください。

 

野菜を煮る時間はかかりますが、野菜を切って煮てあとはハンディシェアブレンダーにお任せの簡単な作業ですので、手間はかかりませんよ。

ちなみに、今回のレシピではキューブのコンソメを1個使いましたが、少し味が濃い目に出来上がります。

半分でも十分美味しいスープができると思います。

野菜の旨味がたっぷり出ますので、その味を引き立てる程度の味付けで十分美味しいスープになりますよ。

 

ちなみにニンジンの皮、みなさんどうしていますか?

むいてから料理していますか??

実は売っている人参はしっかり洗ってあるので皮はむかなくてもよいことを知っていましたか?

ガサガサしているように見える表面は実は乾燥しているだけで皮ではないそうです。

土を落とすときに洗った時点で皮はむけているそうです。

 

しかもニンジンの栄養はその皮の付近の多く存在しているそうです。

そのため家で皮をむいてしまうと栄養がかなり損失される可能性があります。

そのまま調理することをオススメします。

 

でもなんとなくゴツゴツもしていますからむきたくもなりますよね。

そんな時はむいた皮を使ってもう1品作ってみてはいかがでしょう。

私がよく作るのは、野菜の皮を使ったきんぴらです。

 

「野菜の皮きんぴら」

材料
・野菜の皮
・醤油 小さじ1
・みりん 小さじ1
・酒 小さじ1
・いりごま 適量

 

作り方
① 野菜の皮をよく洗って細切りにする。

② フライパンにごま油をひいてから①の野菜を炒める。

③ 少し炒めたら酒を入れてさらに炒める。

④ 最後にみりんと醤油を入れて味付けをして、いりごまを混ぜて完成。

 

野菜の皮は、にんじん、大根、かぶなどの根菜類がいいと思います。

あとは大根やかぶの葉っぱや茎の部分も細かくして一緒に入れても美味しいですよ。

ごはんによく合う1品になります。

野菜はその日に出たものでかまいません。

ぜひ試してみてくださいね。