ドイツ

ドイツのノボテルミュンヘンシティホテルの絶品朝食バイキング!

ミュンヘン ノボテルミュンヘンシティ 朝食バイキング

ノボテルミュンヘンシティホテルの凄すぎる朝食バイキングをご紹介します!

 

今回、このホテルに泊まることを決めた理由の中に朝食バイキングがとても美味しいと有名だったことがあります。

やはり朝食バイキングは大事ですよね。

朝の6時半からやっているとのことでした。

時差ボケのせいで朝の5時にはお腹ペコペコ。

6時半が待ち遠しくてたまりません。

ドイツは日本よりも緯度が高いため夜明けがかなり遅くなります。

6時半はまだ真っ暗です。

 

ミュンヘン ノボテルミュンヘンシティ 朝食バイキング

6時半ちょうどにバイキング会場へ。

もちろん一番乗りでした。

こんなオシャレな店内での朝食でした。

お腹が空いていた私も待ちに待っていた食事。

目の前に置かれているパンの豊富さにもうテンション上がりまくりでした。

 

ミュンヘン ノボテルミュンヘンシティ 朝食バイキング

ドイツと言えばプレッツェル。

これをまずは食べないと始まらないと思い、大きなプレッツェルをいただきました。

外はカリッとしていて中はモチっとしている、本当に美味しいパンでした。

 

ミュンヘン ノボテルミュンヘンシティ 朝食バイキング

そしてソーセージ。

ミュンヘンは白ソーセージが有名と聞いていたので楽しみにしていましたが、もちろん朝食バイキングにもありました。

太めの白いソーセージ。

このソーセージに甘めのマスタードをつけていただきます。

味はもちろん美味!

パリッとしたソーセージではなく中身がふわふわとしたすり身を食べているようなそんな食感でした。

 

私はマスタード大好きなのですが、甘めのマスタードは初めて食べました。

とても美味しくてマスタードが苦手な人でも食べられるような味でした。

ソーセージも白ソーセージたけでなく、数種類は準備してありました。

日本でも馴染みのあるようなソーセージもありましたし、スパイスが効いたものや、チョリソーなどもありました。

とにかく日本ではありえないほどのソーセージの種類にさすがはドイツだと感じていました。

 

そしてパン。

特にクロワッサンが本当に美味しくてずっと食べていたいと思ってしまいました。

ドイツ旅行中、いろんなホテルで朝食バイキングをいただきましたが、ここのホテルの朝食バイキングが1番よかったように思います。

 

基本的にどこのホテルも野菜があまりなかったのですが、ここはサラダ系が豊富で野菜不足を全く感じませんでした。

フルーツも豊富ですしジュースもフレッシュで美味。

とにかく大満足の朝食でした。

 

6時半に行ったのに気づけば8時…かなりの長居をしてしまいました。

それでもまだ8時なので、日の出が遅いミュンヘンでは空がやっと明るくなってきた頃でした。

朝食会場もその頃から人が増え始めてきました。

私達のように朝一番で来る人はあまりいませんでした。

ゆっくり起きて会話を楽しみながらゆっくり朝食をいただく、そんな雰囲気でした。

そんなところでも海外っぽいなぁと感じてしまいました。

 

ちなみに、朝食バイキングにはバナナやミカンなどが置いてあり、これはどうやら持っていって部屋で食べてもいいものだったみたいです。

他の方が持って帰っているのを見て、私たちも2日目はしっかりとバナナ2本とミカン2個いただいていきました。

おやつにちょうどよかったです。

 

余談ですが、このミカン、日本のミカンと少し違っていました。

皮を剥いた時の香りが部屋中に充満するんです。

これがまたいい香り。

味は甘くて美味しいミカンなんですが、何か品種が違うんでしょうね。

日本のミカンは剥いただけでこんな香りはしません。

この旅ではこのミカンが気に入ってしまい、スーパーで何度も同じミカンを買いました。

あまりの美味しさ、みんなを笑顔にする味。

私たちはこのミカンを「命のミカン」と名付けて呼んでいました。

 

この命のミカン、出会ったら是非食べてみてください。

本当に美味しいです!

ドイツへの列車旅はICEで移動!【ケルン大聖堂】

ドイツ 移動 ICE

ドイツとベルギーはお隣の国。

もちろん飛行機での移動という手段もありますが、料金、手間などいろんな面を考慮しても電車での旅をオススメします。

ドイツは鉄道がとても整備されています。

特に今回の旅では長距離での移動が多かったのですが、日本でいう新幹線に乗る機会がたくさんありました。

 

ドイツ 移動 ICE

その新幹線というのが、ICEというものです。

ドイツを中心に運行されている高速列車です。
 
さて、よく海外で注意しなければならないことといえば、電車が遅延したりすること。

日本のようになかなか正確な時間に来ないことがよくあります。

しかし、ドイツの鉄道はとても優秀で、時間ぴったりに運行していました。

そのおかげで今回の旅では乗り継ぎなどで乗り遅れることなどはなくスムーズな旅となりました。

 

今回はヴュルツブルクからベルギーの首都ブリュッセルへの移動でした。

直通の電車がなかったため、まずはヴュルツブルクからフランクフルトへ移動しました。

古城ホテルがあまりにも居心地がよかったため、ゆっくり出発したこともあり、時間を気にせず駅に行ってしまいました。

そのせいで電車の乗り継ぎがあまりいい時間にありませんでした。

フランクフルト行きはICEもあったのですが、乗るまで50分ほど待たないといけないとのことだったので、それよりはフランクフルトの駅まで先に行って食べ物を買ったりした方が時間を有効に使えると思い、日本でいう特急列車のようなものに乗ることにしました。

フランクフルトまでは1時間程度。

ICEでも特急電車でも時間としては10分程度しか変わらないとのことだったのでそれならばと乗車しました。

ところが、この電車がとても混んでいて、1時間程度でしたがずーっと立っていることに。しかも車内は香水の香りが充満していて、匂いの苦手な私は完全に酔ってしまいました。

 

今回の旅で、電車によく乗りましたが結構香水の匂いがきつい車両が多かったように思います。

これもお国柄なのでしょうか。

乗務員さんも香水の匂いをぷんぷんさせていましたからね。

そういえば飛行機のCAさんもでした。

こればかりはどうしても苦手で慣れることができませんでした。

 

フランクフルト 駅構内 クレープ

フランクフルトでは、腹ごしらえにクレープを買いました。

駅の構内にお店があって結構人気がありました。

チョコバナナクレープをいただきましたがとても美味しかったです。

また駅にはクリスマスツリーが飾られていて、その周りを電車のおもちゃが走っていました。

フランクフルトに早めに到着する作戦は成功でした。

時間つぶしにはちょうど良かったです。

 

イツ ケルン中央駅 ケルン大聖堂

さて、フランクフルトからブリュッセルまでは約3時間。

普通に考えればかなりの長旅ですよね。

匂いの件もあるため、なんでこんなにオススメするのかというと・・・。

フランクフルトからブリュッセルまでのICEがとても快適だったからです。

このICE、なんと個室があるんです。

しかも予約なしで乗れてしまうし、料金も同一価格。

ゆっくりと過ごしたい長旅にとっては本当にありがたいです。

 

そしておススメするポイントがもうひとつ。

フランクフルトからブリュッセルへ向かう車窓からの景色が最高なんです。

まるで絵本から出てきたかのような街並みが次から次へと現れます。

その街も場所によって少しずつ雰囲気が変わっていくのが分かります。

その中でも途中で止まったケルン中央駅は圧巻でした。

ケルン中央駅の前にあるケルン大聖堂が、ケルンに到着する前から見え始めます。

かなり巨大な大聖堂なので、近づきすぎると全貌が見えないほどです。駅に降り立たなくてもこんな景色が楽しめるなんて最高でした。

 

また自然が豊かすぎます。

放牧されている動物たちが車窓から見ることもできました!

長旅でも全く飽きることなく外を眺めていられました。

もちろん車内の設備も充実していましたので、トイレなどもとても綺麗で快適でした。

今回は利用しませんでしたが、ICEには食堂車もあるので、車窓を眺めながら食事することもいいと思います。

 

3時間といっても、車窓を眺めていたらあっという間に着いてしまったという印象でした。

電車好きにはもちろんですが、そうでなくても絶対に楽しめること間違いなしです!