ワイン

カナダのオカナガン・フォールスでのワインイベントを満喫!

カナダ オカナガン・フォールス ワインイベント

オカナガン・フォールスで行われたクリスマス・ワイン・イベントに参加してきました。

カナダ・ワインの産地であるブリティッシュ・コロンビア州オカナガン・ヴァレーには約180のワイナリーが点在しますが、ここオカナガン・フォールスには、そのうちの14のワイナリーがあります。

人口2000人ほどの小さなコミュニティですが、ヴァレーのほぼ中央に位置することからハート・オブ・ワイン・カントリー (Heart of Wine Country)と呼ばれています。

 

このクリスマス・イベントでは、ワイナリーからはチョコレートなどのお菓子とペアリングしながら無料ティスティングが振る舞われ、参加者はフードを寄付をするというものです。

参加者が持ち寄った食べ物は、貧しい方々にもクリスマス・シーズンを楽しんで貰おうという目的で、ワイン協会を通して寄付されます。

寄付する食べ物は、賞味期限の長いものということなので、私はスープの缶詰を持って参加してきました。

 

カナダ オカナガン・フォールス ワインイベント

ワイナリーの巡りの醍醐味は、なんといっても店員さんとの会話です。

ワインの知識がなくても、そして英語が流暢でなくても、丁寧に接してくれるのが助かります。

ひととおりワイナリーの説明を聞いたあとに、ワインを継ぎながら味や製法の説明をして下さいます。

むずかしい内容は時々分からないこともありますが、ワインの風味や味の感想を簡単に述べると、さらに会話が弾みます。

最初に訪れたクレイジー・レイク・ワイナリーでは、オーナーさん自身が対応して下さり、全種類のワインをティスティングしながらワイナリーの名前の由来から、畑の状態まで、興味深いお話伺うことができました。

 

カナダ オカナガン・フォールス 葡萄畑
11月半ばを過ぎてオカナガンの気温は1桁代に落ちてきました。

クレイジー・レイク・ヴィンヤーズ&ワイナリーでは、ほとんどの畑は収穫を終えましたが、一部、アイスワイン用の葡萄がまだ残っているそうです。

カナダを名産とするアイスワインの収穫は、マイナス8度まで気温が下がるのを待ち、凍ったままで収穫されます。

「でもね、気温が下がるのを待ってる間に、鳥にぜんぶ食べられちゃったりするのよ」と、オーナーさんが笑いながら話して下さいました。

 

シャンパン製法で造られるバブル・ワインを中心に造るブルーマウンテン・ヴィンヤード&セラーズでは、クリスマス・ソングを振る舞いながらのティスティングが行われていました。

また、小さなかお子さん連れの家族にもイベントを楽しんで貰えるようにとホットチョコレートのサービスもあり、アットホームで楽しい雰囲気です。

 

カナダ ロゼワイン ホットソース

ワインをベースに造られた、ユニークな商品も見つけました。

ナイトホークス・ヴィンヤーズで見つけたのは、ロゼ・ワインで造られた美しい色のホットソース。

マイルドなロゼのジェリーにハラペーニョのピリ辛さを加えたソースで、クラッカーやチキンローストなどに合うそうです。

148mlとボトルも小さめなので、お土産に持ち帰るのもお手軽なサイズで、話題になること間違いなさそうです。

 

イベント日以外では、あまり振る舞われることのないクッキーやチョコレート、チーズやナッツなどとのペアリングも楽しめました。

自身のワインを知り尽くしたオーナーがお勧めするペアリングは、とても勉強になります。

意外なものに、バターのよく聞いたポップコーンが辛口白ワインによく合うことを発見できました。

 

オカナガン・フォールスでは、ワイナリーによりますが、このクリスマス・イベントを以って今シーズンの営業を終了するワイナリー・ショップがほとんどです。

来シーズンの営業は、5月頃からになります。

その頃には、今年収穫された葡萄がワインとなって徐々にボトル詰めされて行き、ここオカナガン・フォールスは再びたくさんのワイン好き観光客で賑わうことになると思います。

 

オカナガン・フォールスへのアクセス:

・カナダの西の玄関口、バンクーバー空港から東へ車で約4時間半

・バンクーバー空港からペンティクトン空港(約50分)、ペンティクトン空港から車で約15分

カリフォルニアのナパバレーでワイナリー巡りをしよう!

カリフォルニア ワイナリー ナパバレー

大人になってからやってみたいことというと、どんなことを思い浮かべるでしょう。

子供のころからの夢を叶えるなどはロマンティックですね。

今回は大人になって、それもずいぶん経ってから、やってみたいなと思うようになったことの一つを叶えてきた話です。

 

サンフランシスコに行ったら訪れたかった場所の一つに、ナパバレーのワイナリーがありました。

カリフォルニアワインの一大産地を形成するナパとソノマのワイナリー。

ナパバレーは大小400ほどのワイナリーがあるそうです。

今回はナパバレーの3カ所のワイナリーを1泊2日で巡ってきました。

 

ナパバレー地区に入るとワイン用ブドウの畑が目に入ってきます。

すでに収穫は終わっていて葉だけで、やや黄色に色づきはじめたようでした。

今回訪れたワイナリーは、それぞれサービスのスタイルが異なっていました。

 

カリフォルニア ワイナリー ナパバレー

一つ目は貯蔵庫を改装したであろう建物で、バースタイルでワインを試飲するというスタイル。

それぞれのワインの特徴や楽しみをソムリエが丁寧に説明してくれます。

建物までの道のりのガーデニングがきれいで、創業当初の様子なども一部再現されていました。

初ワイナリーで意気揚々と乗り込みましたが、ワイン造りの工程などは全く見ることができす、少し拍子抜けでした。

 

カリフォルニア ワイナリー ナパバレー

次に訪れたのはツアーガイドに従って工場内見学をするスタイル。

今回はスパークリングワインの醸造の回でした。

敷地内を移動しながら工程を順番に説明してもらいます。

そのあとで、テラスで今回見学したワインを含めた数種類の試飲やそれに合うおつまみをいただきました。

工場巡りはゆっくりとでき、ワインはもちろん、ワインオープナーなどのお土産もいろいろあり見どころがいっぱいでした。

 

カリフォルニア ワイナリー ナパバレー

最後に訪れたのは、非常に大きなワイナリー。

敷地内はまず駐車場から母屋までロープウェイで移動するのに驚きました。

とはいえ、ワイン畑の上を空中散歩できとても楽しい経験です。

 

カリフォルニア ワイナリー ナパバレー

ワイナリー内は、オリエンテーリングのようなスタイルでガイドは付きません。

ワイングラスを持って自分たちで順路を巡るスタイルです。

醸造工程などを見て回りながら、途中のチェックポイントのような場所でワインを試飲します。

それぞれ異なるワインがあり、スタッフが説明してくれます。

テラスがあり高台からの景観を楽しみながら、いろいろなワインが味わえました。

 

このワイナリーは試飲というレベルでないくらい注ぎっぷりがよかったのもほかの二つのワイナリーとは違う点です。

お土産もワイン以外におつまみやオリジナルグッズがありました。

個人でワイナリーを訪れるのには予約が必須です。

パソコンからはもちろん、スマートフォンからも容易にでき、予約完了の画面をスタッフに見せるとスムーズに入場できます。

 

今回訪米直前にナパバレーに行こうと決めたので、有名なワイナリーはウエディングパーティーなどで貸し切られていて入れなかったことが心残りです。

次回は早めに計画を立て、行けなかったワイナリーも訪れてみたいものです。

ワイナリーによってサービスのスタイルがさまざまですので違いも楽しみたいですね!

カナダワインの名産地オカナガン地方のワイナリー【サマーヒルピラミッドワイナリー】

カナダ ワイン オカナガン地方

西部カナダにある美しいオカナガン地方をご紹介します。

オカナガン地方は、カナダの中でも有数の果物産地。

寒さが厳しいイメージのカナダですが、この地方はカナダの中で最も温暖で降水量が少なく、果物を育てるのに適したミネラル豊富な土壌と気候に恵まれている土地です。

 

カナダ ワイン オカナガン地方

果樹園が広がる美しいオカナガンで作られる主なものは、葡萄、さくらんぼ、林檎、プラム、桃。

そのほか、各種の野菜の栽培も盛んで、ここブリティッシュ・コロンビア州の台所と言っても過言ではない存在です。

中でも、ワイン用葡萄の栽培が最も盛んで、オカナガン地方には400を数えるワイナリーがあります。

カナダ産のワインは、日本ではまだまだ知られていませんが、ワイン造りは近年カナダで最も伸び率の高い産業のひとつとなっております。

 

☆ サマーヒルピラミッドワイナリー

カナダ ワイン オカナガン地方

この地のワイン作りの歴史は今から150年ほど前のカナダ建国時代と同時に始まりました。

ヨーロッパからキリスト教を広める為にきた宣教師たちが、葡萄の苗を持ち込んだのがその起源とされます。

400を数えるワイナリーの規模は大小様々で、東京ドーム15個分を数える広大なものから、家庭の庭ほどの小さなものも。

外国へも出荷する大規模農場から、趣味程度に生産し地元販売しかしないワイナリーもあるとのことです。

 

☆ イニスキリンのワインショップ

カナダ ワイナリー オカナガン地方

オカナガン産のワインは、カナダ国内のリカーショップで購入ができますが、お勧めは、なんといっても実際にワイナリーを訪れること。

ほとんどのワイナリーは敷地内にワインショップを持ち、春から秋にかけて、テイスティングサービスと販売を行っております。

大きな湖が広がるこの地方は、その温暖な夏の気候から、カナダ人の避寒地として有名で、一大リゾート地となっており、ワインショップには地元の人はもちろん、カナダ各地から毎年多くの観光客が訪れます。

実際に試飲をしながら、気に入ったワインを購入できるのが、ワイナリーを訪れる醍醐味。

 

☆ バロウイング アウル エステート ワイナリー

カナダ ワイナリー オカナガン地方

地元の人は、お気に入りのワイナリーに毎年通い、年ごとのワインの出来具合の違いを楽しみます。

ワイナリーの中には、ワインと食事が楽しめるビストロや葡萄園を臨む宿泊施設を持つところもあり、この地に長期滞在するカップルや家族連れも多く見られます。

 

ワイナリー巡りのメインシーズンは春から秋に掛けて。

秋の収穫時には各町でワインイベントも開催されます。小さい規模のワイナリーなどは、冬季にはショップを閉めてしまうところもあるので、ご注意下さい。

 

オカナガン地方へのアクセスは、ケローナ国際空港が便利です。

カナダの西の玄関口であるバンクーバー空港から飛行機を乗り継いで、約55分。

カルガリー空港からも約1時間ほど。

陸路だと、バンクーバーから西へ約400㎞(4時間程度)の距離となっております。

現地ではレンタカーを借りて、また、ワイナリーツアーに申し込んでワイナリーホッピングをするのがお勧めです!