モロッコの続編です。

世界遺産にも登録されているマラケシュ。

その中でもここフナ広場の風景は有名です。

 

モロッコ マラケシュ フナ広場

ここではいろんな屋台が出ておりエスカルゴも食べられます。

大道芸人がいるなど人がたくさん集まっていてとても賑やかな場所です。

 

そして日が暮れるとフナ広場はとてもキレイにライトアップされます。

この日は金曜日だったので、モロッコでも華金だったのでしょうか。

それとも毎日こんなに賑わっているのでしょうか。

とにかく昼間よりすごい人で埋め尽くされていました。

 

この中を歩いていると、知らないほろ酔いモロッコ人に声をかけられ「そんなの関係ねぇ!」「ラブ注入♡」など日本のちょっと古いギャグをひたすら高速で披露してくれました。

とっても陽気な酔っ払いでした。

そんな現地の人との関わりもとても楽しかったです!

 

モロッコ マラケシュ 夜景

フナ広場を上から見るには、フナ広場に面したカフェの2階に上がることが必須です。

ぜひともミントティーを買って2階に上がってください。

ミントティーとは名前の通りミントが入った紅茶。

私はミントの歯磨き粉っぽい味が苦手なのですが、そんな私がハマりました!

ウェルカムドリンクとしてレストランやホテルなどでも出てきたりするので、モロッコに行ったら飲むことも多いと思いますが、クセになります!

ミントティーは砂糖を入れて甘くして飲むのが特にオススメ。

スーパーでティーバッグでも買えるので、お土産としてもいいと思いますよ!

 

 

次に紹介したいのは、一見の価値ありのおもしろスポット!

モロッコ アンガンツリー ヤギ

ここはエッサウィラという次に紹介する街に移動する途中にあるスポットです。

モロッコではヤギは木から産まれるわけではありません。

アルガンツリーにヤギがただ乗っているのです。

アルガンツリーとはまさにアルガンオイルの元となる実がなる木。

この木はトゲが多く、昔は機械もなく人が実を取るのは危険だったため、木に登るのが好きなヤギが実を食べ排泄物として落ちる種を人間が拾い、アルガンオイルが作られていたそうです。

 

ここは完全に観光客用のスポット。

ちゃんとヤギ用の足場が作られており足をプルプルさせながらヤギが立たされています。

私たちはこのシュールな光景に終始大爆笑でした(笑)

ちなみに写真を撮っているとちゃっかりお金を取られます。商売上手ですね!

 

そして、ここから移動しエッサウィラへ。

エッサウィラは芸術の街。

そして海に面しており、リゾート地としても人気で欧米人も多くいました。

また、旧市街は世界遺産にも登録されています。

 

モロッコ エッサウィラ 世界遺産

これはスパイスでしょうか。

売り方ですらとてもおしゃれです!

 

モロッコ エッサウィラ シーフード

海に面しているのでおいしいシーフードが食べられます。

この旅では珍しくタジン料理じゃないものを食べました!

 

モロッコ エッサウィラ 世界遺産の街

とてものんびりした雰囲気のエッサウィラ。

ここも扉や窓のデザインがいちいちかわいくてオシャレで、フォトジェニックな風景が広がっていました。

 

いかがでしたか?

魅力たっぷりのモロッコ。

ぜひみなさんも味わってみてください☆

ビアエスおしり洗浄器