ウユニ塩湖の絶景と別れを告げて、飛行機でラパスまで戻ってきました。

ボリビアで過ごすのもあと少し。

という事でガイドさんが「月の谷」へ連れて行ってくれました。

 

月の谷は自然の力でできた地形だということで、期待に胸を膨らませます。

ラパスの郊外にあるため車を走らせること1時間弱・・・私は疲れを取るために爆酔していました。

入り口を入っていくとトンネルのようなものがあってそこをくぐります。

月の谷では、一周回るのに15分コースと45分コースがありました。

私は迷わず15分コース。

自分の体力のなさにつくづく嫌気が指しておりました。

 

でも、ここまで来て本当によかったと思える景色に出会えました。

 

ボリビア ラパス 月の谷

自然の力でこんな素晴らしい地形が生まれるなんて本当に感動しました。

このような断崖絶壁のような地形が一面に広がっています。

しかもその部分だけ。

とても不思議な気分でした。

 

遊歩道のように道が作られているので歩くことには苦労はしませんでした。

でも柵やロープがしてあるわけではないのでついつい危険なところまで行ってしまいたくなります。

結構深い亀裂が入っているところなどもあるので、実際は本当に危険だと思います。

こんなに感動したにも関わらず…ついつい触りたくなるのが人間ですよね。

触ってはいけないとは書いてはいませんので、大丈夫なのですが、自然が作ったものなので固めてあるわけではありません。

一部もろくも崩れてしまいました。

もちろん故意にではなくですよ。

何十年、何百年とかけて出来上がったこの地形、ぜひ見て欲しいです。

ここは地球なのか月なのか、錯覚してしまうほど不思議な光景でした。

 

ラパスに戻ってからは自由時間だったので、街を散策することに。

街中はデモが起こっていてバクチクなどが鳴り響きかなり怖かったです。

治安があまり良くないので夜は一人歩きしない方がいいと思いますよ。

 

一本路地を中に入ったところに、おばさんと子供が開いているお店がありました。

お店といってもビニールシートのようなものを敷いた上にお鍋があるだけの簡易的なものでした。

売っていたのは、ボリビアのメジャーなおやつ「エンパナーダ」。

ボリビアではスーパーなどでもたくさん売っていましたが、この路地で売っていたエンパナーダが一番美味しかったです。

 

中身はシンプルにチーズのみ。

アツアツのエンパナーダ、カリッとしていて本当に美味しかったです。

しかも安い。

10円とか20円の世界でした。

近くのスーパーで買ったエンパナーダは中にお肉や野菜が入っていてこれも美味しかったですが、やはりおばちゃんが作ってくれたものがこの旅一番の絶品グルメとなりました。

 

お店じゃないので毎日いるかどうかも分かりませんが、もしラパスの街を散策することがありましたら、路地裏にも足を運んでみてくださいね。

ビアエスおしり洗浄器