今回はラオス国内で両替をした際に起きた失敗談について綴りたいと思います。

 

クァンシーの滝

 

ラオスの主要観光地である、首都のビエンチャン、バンビエン、ルアンパバーンに訪れました。

 

ラオスにはトータル4泊する予定だったので、

予算の1万円をビエンチャンでまとめて両替するつもりでした。

 

というのもバンビエンやルアンパバーンは両替の情報が少なく、

レートもビエンチャンと比較すると悪いと聞いていたからです。

ビエンチャンのレートはどこも大体同じだったと思います。

 

ラオス レート

 

レートは1キープ、約0.013円です。

しかし、私はなぜかこのとき、手持ちのタイ通貨2000バーツ(日本円で約6800円)だけを両替してしまったのです。

これがのちに両替の悲劇を生むこととなります(^^;

 

ちなみに出国前に日本円を細かくするのを忘れていたため1万円札しか持っていませんでした。

 

クレジットカードも常に持っていますが、

空港や大きなスーパー以外の場所ではスキミングが怖くて使っていません。

 

ラオス国内の移動はミニバンです。

代理店によって料金に差はありますが相場は

ビエンチャンからバンビエンまでは約8万キープ。

バンビエンからルアンパバーンまでは約10万キープです。

 

その他にバイクレンタル1日5万キープ。

ガソリン代1万キープ。

宿泊1泊約5万キープ…。

 

そして意外とかかるのが、観光地への入場料と通行料です。

バンビエンでは、ブルーラグーンに行く際に橋を渡るのにお金を払わなくてはいけません。

抜け道もあるのですが…。

 

ラオスの物価は、東南アジアの国々と比較してみると意外と高いです。

コーラなんかはタイやマレーシアのほうが安かったりします。

内陸で輸送費がかかるから?

 

1食にかかる費用も、ラオスではだいたい1万から2万キープかかりましたが、

マレーシアの屋台なら3リンギット(1リンギット約27円)でおなかいっぱいになることが出来ました。

 

このように約6800円分のキープでラオスに4泊出来るわけもなく、

ルアンパバーンで1万円札をキープに両替する羽目になりました。

 

キープはラオスから出てしまうとほとんど価値がなく、

余ったキープを国外で両替することは出来ません。

それに気が付いたのはラオスを出国した後でした。

 

完全に準備不足です(-_-;)

 

ラオスに旅行する際は、細かいお金を持っていくこと、

計画的に両替をすること、

両替したキープはラオス国内で使い切るか外貨に両替してしまうことが損をしないコツだと思います。

 

ちなみに今、私の手元には、外貨に戻せないキープが45万キープ程残っています。

約6000円です。

 

これだけ残っていたら、またラオスで観光ができますよね。(^^;

 

ビアエスおしり洗浄器