前回に引き続き、カナリア諸島グランカナリア島の旅の後編をお届けいたします!

 

ラスパルマスは、グランカナリア島の首都です。

南部はリゾートのような雰囲気なのに対し、北部に位置するラスパルマスは、都市という印象でした。

気温は、島南部に比べると2度くらい低かったです。

 

ラスパルマスの魅力は、新鮮なシーフードを使ったレストラン!

首都だけあって、庶民的なレストランから高級なレストランまで幅広くあります。

しかも、スペイン領だから、スペイン料理も楽しめます!

 

中央通りには、El Corte Inglesという、島唯一のデパートがあります。

ここの一階では、まろやかな味わいの生ガキを食べることができます。

苦味もなく、おいしかったのでオススメです!

 

中央通りから5分ほど歩いたところにある、Alemaniaというバル。

ここは、庶民的なレストランで、スタッフの方はとってもフレンドリー。

日本から来たというと、いくつか日本語を話してみてくれました。

 

私が食べたのは、焼き魚。

ポテトが添えられた白身の魚でした。

 

 

グランカナリア島 ラスパルマス ビール

こちらはグランカナリア島のビールです。

苦味が少なく、あっさりしていて飲みやすかったです。

 

このバルの隣には、Kyotoという日本食のレストランがありました。

日本人の私からするとちょっとお値段が高い印象があり、入らなかったのですが、このレストラン、次から次へとお客さんが入っていきます。

ここカナリア諸島でも日本食が大人気みたいです。

 

 

グランカナリア島 ラスパルマス プラヤ・デ・カンテラス

もちろん、ビーチも楽しめます。

中央通りから15分ほど歩くと、プラヤ・デ・カンテラスと呼ばれる砂浜のビーチがあります。

デッキチェアやパラソルも借りられ、波を見ながら日光浴している人が大勢いました。

この写真はデッキチェアからの景色です。

 

ビーチ沿いにはテラス席のあるレストランが連なります。

ただ、雰囲気は素晴らしいですが、このレストラン群は、観光客向けなので、味のわりにお値段が高いと言われています。

地元民は行かないみたいです。

 

私の今回の旅では、暖かいビーチで本を読むことを目的に来ていたので、観光はしませんでした。

しかし、ラスパルマスには、歴史のある観光スポットもあるみたいです。

大航海時代に活躍したコロンブスは、このグランカナリア島を経由して航海したそうです。

彼が当時拠点にした場所を見ることもできるそうです。

 

グルメもビーチも観光もしたい!という方に、ラスパルマスはとてもおススメです!

ヨーロッパの多くの都市から、ラスパルマスへ直行便が出ています。

 

ヨーロッパ旅行と合わせて、グランカナリア島も訪れてみてはいかがですか?

ビアエスおしり洗浄器