ウィーンは音楽の都と言われ、優れた芸術を見にたくさんの人が世界中から訪れます。

しかし、ウィーンは芸術だけでなくおいしいコーヒーや紅茶、ケーキ、スイーツにおいても有名なんです。

今回はそんなウィーンのグルメな面について紹介します。

 

 

まずは本場のザッハトルテについて。

ウィーン ホテルザッハー ザッハトルテ

ウィーンのオペラ座すぐ近くにあるホテルザッハーは、ザッハトルテを一番最初に出したお店だそうです。

せっかくウィーンに来たのだから、と私たちもホテルザッハーを訪れました。

注文したのは、ビーフシチューとザッハトルテ、そしてウィーナー紅茶です。

小さなテーブルがいっぱいになってしまいました。

ここに来るお客さんたちのほとんどはザッハトルテと飲み物だけをオーダーするのかもしれません。

 

ビーフシチューは、濃厚な味でしたが、しつこさはなかったです。

パンと一緒に食べました。

ザッハトルテは、ほんとうにおいしかったです。

ケーキの表面は固めのチョコで覆われており、中にはフルーツのジャムのようなものが入っています。

ホイップクリームが付け合わせにあり、一緒に食べます。

ホイップクリームも、あっさりしていて、甘さがしつこいということはなく、最後までおいしく食べられました。

 

そしてウィーナー紅茶。

これはあまり期待していなかったのですが、思いがけず、とても良い紅茶でした。

紅茶に苦味などはなくすっきりとした味わい。

日本でも入手可能だったらリピートしそうなくらい、良かったです。

 

ホテルザッハーの他にも、おいしいと有名なカフェ、DEMELに行きました。

ウィーン カフェ DEMEL

ここはウィーンに本店を構えるお店です。

このカフェは、内装が赤や茶色を基調としていて温かみがある雰囲気で、シックさがありました。

 

ウィーン カフェ DEMEL

頼んだのは温かいオレンジリキュール入りのウィーナーコーヒーとチョコレートケーキ2つ。

カフェにあるショーケースの中に、キラキラしたかわいらしいケーキがたくさんあって、1つだけ選ぶことができず、2つの種類のケーキをオーダーしてしまいました。
 

店内の他のお客さんの中には、新聞を読んでいるおじいさんなども見かけるなど、静かで落ち着いていました。

おいしいケーキを食べながら、観光の間のちょっとした休憩にもぴったりです。

このカフェの場所はウィーンのオペラ座界隈から徒歩15分ほどです。

 

 

おいしい紅茶やスイーツ、と聞くとフランスのパリが思い浮かぶ人が多いと思いますが、ウィーンも負けてません!

シックでおしゃれなカフェで優雅なひとときを過ごしてみてください!

ビアエスおしり洗浄器