前回に引き続き、ロシアのユジノサハリンスクのご紹介です。

 

 

ロシア ユジノサハリンスク サハリン州郷土史資料館

ユジノサハリンスクにあるサハリン州郷土史資料館(旧樺太庁)。

ロシアを日本が統治していた時代の日本風の建物で、結構保存状態が良いのが意外でした。

放置されたり、破壊されていても仕方ないのかなと言うイメージだったので。

しかも、正面玄関には、護国神社から移設された狛犬まで。

なんだか、ちょっと不思議な狛犬なのですが・・・

 

建物内も、若干日本風。

そして、その雑然とした感じはロシア風?

今まで経験した海外旅行って、そこそこの施設であれば、英語表記って必ずあったのですが、此処は、ロシア語オンリー。

ああ、此処は、アメリカを敵国とする国だからか・・・

日本語が通じないのは諦めるにしても、英語も通じないのは、結構不便だなあ、とも。

だって、トイレの場所さえ聞けないのですから。

 

 

ロシア ユジノサハリンスク サハリン州郷土史資料館

それでも理解できたのが、国境標石。

ロシア側と大日本帝国側・・・この石で国を分けていたんだなあ。

 

アイヌ民族の文化や生活についても、とても詳細で驚きました。

日本では、ここまで詳細に収集され展示されているところは無いように思います。

ロシア ユジノサハリンスク サハリン州郷土史資料館
一番のお気に入りは、赤ちゃんを子守するための揺り籠。

そばにぶら下げて揺らしながら女たちは仕事をしていたらしい。

おもちゃをぶら下げたり、どこの母親もみんな優しいんだなあ・・・と。

とにかくアイヌ人の歴史は極めて深くて、何が真実なのか混沌としている感じがしました。

 

最後は、大きなショッピングセンターでお買い物。

観光施設では無くて地元の人が利用する大手のスーパーって感じでした。

ちなみに、1ロシアリーブルは、1.71円です。

フードコートのような場所で食事を取りました。

ロシア ユジノサハリンスク ショッピングセンター

値段的には日本と同じ、味は、まあまあ。。。

味はね、百歩譲って普通。。。

 

ちょっとマイペースで、ちょっとだけアジアンも混在する極東のロシア、英語圏には無い面白さが意外に面白かったですよ。

ビアエスおしり洗浄器