ミュンヘンでの滞在にオススメのホテル。

家族連れに優しいノボテルミュンヘンシティホテル。

 

東京から12時間のフライト、ミュンヘン空港に着いてから入国審査を経てやっとのことでドイツの旅が始まりました。

時差8時間。

日本でいえばすでに夜中。飛行機で一睡もしていない私は疲れもMAX。

それでもミュンヘンはまだ夕方6時。

これから夕飯時という時です。

 

ミュンヘン 空港 クリスマスマーケット

ミュンヘン空港から一歩出てみると、広場にはクリスマスマーケットが。

疲れも吹き飛ぶ光景でした。

大きなクリスマスツリーやオーナメントの数々。

小さなメリーゴーランドもありました。そして美味しそうな匂いも漂っていました。

ドイツでは各地でクリスマスマーケットが開かれています。

どんな小さな都市でも開かれているそうです。

 

このマーケットもゆっくり覗いてみたい!その気持ちをグッとこらえてまずはホテルへ向かう事にしました。

大きなスーツケースを抱えたままマーケット内を移動するのはちょっと難しそうでした。

大人だけの旅であれば間違いなく覗いていました。

しかし今回は子連れの旅。

無理せず楽しむことを目標にしていたのでまずは休息です。

 

ミュンヘン 電車 Sバーン

Sバーンという日本でいう地下鉄のような電車に乗ってホテルのある駅まで約40分。

ドイツで初めての電車でした。

日本の混雑した駅のホームや電車内に慣れている私たちにとって、こんな快適な電車はないというくらい電車内はゆったりしていました。
 

ちなみにですが、ドイツでは駅に改札がありません。

ということは切符を見せたりするところがないんです。

切符は駅のホームなどで購入出来ます。

駅を見つけて行くとそのままホームがあるという感じです。

切符はみんな当たり前のように買う物、無銭で乗車する人なんていないという前提で運行されているようです。

でもたまにチェックされる場合があるそうです。

その時に切符がないとかなり高額の罰金を支払わなければならないらしいです。

今回の旅で地下鉄をかなり利用しましたが一度もチェックはされませんでした。

 

あと、電車のドアは自分でボタンを押して開けないといけません。

寒い国であるドイツではドアを開けっ放しにしておかず、ボタンを押して乗ったり降りたりするそうです。

最初は戸惑いましたが慣れるとそこまで手間とも思いませんでしたよ。

 

ミュンヘン ホテル ノボテル

さて、今回ミュンヘンの滞在にはノボテルミュンヘンシティを選びました。

Sバーンのローゼンハイマー・プラッツ駅から徒歩2分の好立地。

クリスマスマーケットが開かれているマリエン広場へも徒歩5分程度という立地です。

ノボテルなら間違いないだろうと思い予約していきましたが、大正解でした。

 

ロビー横にあるキッズスペースもかなり充実していていました。

ヨーロッパは子供に優しい国と言われていますが、こういったホテルでの設備にもあらわれていると思いました。

部屋はとても清潔で広々としていました。

 

ミュンヘン ホテル ノボテル

トイレやお風呂もとてもキレイで使いやすかったです。

しかしアメニティは日本のホテルと比べるとあまり置いてありませんでした。

最低限のシャンプーとボディソープ程度でしたので、自分たちで持っていくようにしないといけません。

今回のホテルにはスリッパもありませんでした。
 
 

ミュンヘン ホテル ノボテル

さて、夕飯を食べにホテルのレストランへ。

ドイツといえばやっぱりソーセージ。

・ソーセージ
・かぼちゃのスープ
・トマトスパゲティ

ソーセージとパスタは美味しくて完食でした。

 

長い長い1日が終わりました!!