海外のトイレ事情【犯罪防止、アメリカ・カリフォルニア編】

アメリカ トイレ事情 海外旅行

現在滞在している、アメリカ・カリフォルニア州のトイレ事情について。

 

アメリカのレストランや施設などのトイレと言えば、まず個室のドアが日本と違うことに戸惑いますよね。

初めてアメリカに来て空港でトイレを利用したときに衝撃を受ける人が多いのでは。

まず、ドアの上下の隙間が広すぎます。

ドアの鍵は押されたら壊れてしまいそうな作りに感じますし、ドアと壁の隙間もなんだか気になる……。

使用している人の足元がはっきり見えるので動きがわかるし、利用中も外の人の動きが見えて落ち着かない気分になります。

 

アメリカ トイレ事情 海外旅行

なぜこのような作りなのか留学経験のある友人に聞いたところ、「犯罪防止のため」ということでした。

個室に複数人の足が見えたら用を足しているとはならないということです。

確かにメキシコのバーで個室のドアが「ない」店に遭遇したことがあります。

これは、個室での薬物使用を防ぐためだと言われました。(使用中は、手洗い中の人と鏡越しに目が合います!)

日本に住んでいると考えたこともなかった事情がそれぞれの国であるのだとつくづく思います。

 

アメリカ トイレ事情 海外旅行

アメリカのトイレというと、少し前の旅行では「汚い」「できれば使いたくない」というイメージが強かったのですが、地域が違うのか環境が改善されたのか、ファストフードやレストラン、スーパーマーケットのトイレは概ね清潔です。

店内にあるトイレはそのまま利用できますが、外にあるトイレは通常、施錠されています。

その時は、お店のスタッフに利用したい旨を伝えます。

そうすると暗証番号を教えてくれます。

もしくは、トイレの鍵を貸してもらえます。

外付けのトイレが簡単には入れないのは、犯罪防止やホームレス対策とのことです。

 

便座に使う紙のシートが常備されているトイレが多いです。

紙が高いと言われているカリフォルニア州ですが、トイレットペーパーが切れていることもないです。

立ち上がると自動に流れるトイレも多いですし、手洗いもきれいで石鹸が泡で出てきたり、手を拭く紙や温風乾燥機が備えられたりしています。

ただ、水の流れがそれぞれ違うので一度に多くの紙を流さないように気を付けています。

市内で見つけた公衆トイレは、使用後にトイレを丸ごと洗浄するシステムということです。

仕組み自体が大胆で面白いと思いましたが、万一、出そびれて自動洗浄が始まってしまったら……と躊躇して利用する気になれませんでした。  

海外旅行をするときに心掛けていることの一つとして、「荷物はコンパクトに」ということがあります。

今回は、長期滞在することになったので、荷物は多少多くなってもいいかと考え、現地で試してみたいグッズなどを持ち込んでみることにしました。

その中の一つに「携帯用おしり洗浄器」があります。

簡単に使えて、思った以上に快適だったので次回、紹介したいと思います。

楽天ランキング17週連続1位の携帯おしり洗浄器

海外の出張や旅行でもっとも多い悩みが"トイレ問題"です。

日本と比べて衛生的でない場合が多く、トイレットペーパーが無い国もざら。。。

そんな出張・旅行におすすめなのが、ビアエスの携帯おしり洗浄器です。

コンパクトで持ち運びやすく、洗浄力も申し分なし。乾電池や持ち運びケースも付属しているので、届いたらすぐに持っていけます。



商品ページを見てみる