ペルーとボリビアの国境は歩いて越える貴重な体験ができるスポットをご紹介いたします!

 

ペルーの街、プーノに宿泊してからボリビアに向かうためバスツアーに参加しました。

バスの乗り心地は日本とさほど差はなく、体力温存のためにほとんど寝ていた記憶があります。

バスから見える景色は、チチカカ湖の湖岸を走るので青々とした湖を見ることができます。

 

ルー チチカカ湖 湖岸

 

そして国境の街、コパカバーナに到着します。

 

国境を歩いて渡るなんて、なかなかできる体験ではありませんよね。

とても緊張したことを覚えています。

国境というだけあって、厳重な警備がしてあってピリピリした空気が流れているのかと思いきや、全く持ってそんなことはありませんでした。

施設も古びた建物で、そこに一人ずつ行ってパスポートを見せておしまいでした。

 

検査が終わると国境までは、まっすぐな道を歩いていきます。

国境には、アーチがありそれを越えるとボリビアに入ることになります。

国境ってこんなに簡単に越えられるものなんだと、びっくりしました。

ペルー ボリビア 国境

 

ボリビア側にトイレがありました。

なんと日本語で「トイレ」と書いてありました。

日本人観光客も多くなってきている証拠でしょうか。

トイレ自体はやはりそこまできれいなものではありません。

日本のトイレ環境がいかに素晴らしいかを南米の旅では思い知りました。

 

さて、国境の街コパカバーナは活気がありました。

市場のようなものもあり、パンがたくさん積まれていました。

ボリビアの物価はペルーに比べてさらに安く感じました。

 

ボリビア 国境 コパカバーナ

ちなみにボリビアの女性は、小太りの人が多くニットにロングスカート、帽子をかぶるというスタイルの人ばかりでした。

民族衣装ではなくこれが通常の服装のようでした。

 

このコパカバーナで1時間ほど時間があったので割とゆっくり街を探索することができました。

地元の人がたくさん集うような市場も見ることができました。

建築物も素敵なものが多く、街並みも異国文化を存分に楽しむことができるところでした。

ボリビア 国境 コパカバーナ

 

 

国境越えも無事終わり、素敵な街並みと別れを告げて、次はボリビアの大都市ラパスへ向かうためまたチチカカ湖クルーズへと旅経ちます。

今回乗った船はとても快適で、ほぼ貸し切り状態でした。

あまりにお客さんがいなくてスタッフも暇だったのか、私たちが座っている後ろでトランプをして遊んでいる姿が見られました。

しかもお金を賭けて遊んでいました。

日本では考えられませんよね。

 

船の上からの景色は見渡す限り湖。

まるで海の上にいるようでした。

船の屋上には椅子があってくつろげるようにはしてあったのですが、日差しが強いのと、風が強くて寒かったこともあってほとんど船内で過ごしていました。

軽食もついていてとてもくつろげる船旅になりました!

ビアエスおしり洗浄器