さて、上海虹橋駅(日本語)でCRH(高鉄)の切符が買えたので、

お次は中国の通貨、人民元を調達します。

 

中国商工銀行

 

切符売り場の近くにあった銀行のATMです。

私の場合、中国ではキャッシュをあまり持たず、現地で人民元を調達します。

どうするかというとググればいろいろ出てくるので知ってる人も多いと思いますが、

クレジットカードでキャッシングします。

現地でキャッシング ⇒ 日本へ帰ってきてから一括繰り上げ返済する。

というやり方が換金率が一番いい方法です。
(日本へ帰ってすぐに繰り上げ返済しないと利息がつくので注意!)

 

しかし、海外でキャッシングできるクレジットカードは限られているので、

中国へ行く前に必ずクレジットカード会社に確認しておいてください。

私の場合、楽天VISAは使えませんでした。
(海外キャッシングできないカードだったから??)

で、VISAで使えたカードはこれ。

 

イオン クレジットカード

たまたま、最初から海外キャッシングがついていたようです。

 

では、ここからキャッシングの方法を紹介しますね。

使った銀行は中国のメガバンク、中国商工銀行です。

中国銀行もほぼやり方は同じで、

他の銀行もだいたい同じようなやり方で引き出すことが可能です。

あわせて中国語のボタン表記の和訳も記載しておきますね。

 

手順1 クレジットカードを入れる。

カード挿入口にクレジットカードを挿入します。

 

手順2 暗証番号4ケタを入れる。

暗証番号4ケタを入力します。

中国の暗証番号は6ケタらしいのですが、商工銀行の場合は気にせず、そのまま4ケタを入れればOK。

次に下の10キーにある确认ボタンを押せば次の画面に進みます。

请输密码 → パスワードを入力してください。

确认 → 入力(ENTER)

 

手順3 引出し方法を選択する。

中国商工銀行 クレジットカード

画像がボケててすみません。^^;

ここでは信用账户を選択します。

信用账户 → クレジットカード

储蓄账户 → 普通預金口座

 

中国商工銀行 キャッシング

次に取款ボタンを押します。

取款 → 引出し

 

手順4 引き出す金額を入力。

中国 銀行 キャッシング

金額を入力して确认ボタンを押します。

1回あたり、3000元まで出金可能、100元単位で入力できます。

确认 → 入力(ENTER)

 

手順5 現金を受け取って、カードを戻す。

最後にお金を受け取ってカードを抜きます。

交易成功 → 取引完了

打印凭条 → 明細書発行

退卡 → 返却(カードを)

 

これで簡単に人民元をゲットすることができます。

基本的に中国語を理解していれば、日本のATMとそんなに変わりはないので簡単に引き出すことが可能です。

 

最後に気を付けてほしいのは、

 

絶対にすぐクレジットカードとお金を抜き取ること!

 

あたり前ですが、^^;

 

クレジットカードを挿しっぱなしにしてるとセキュリティーで吸い込まれてしまいます。

これが結構短時間で吸い込まれます。(約30秒)

 

日本でキャッシングなんてほとんどしないので、日本の場合はよくわからないのですが、

「クレジットカード セキュリティ 吸い込まれる」

でググったら、ほとんど海外ATMのトラブルばかりです。

 

おそらく、海外でありがちなことなんだと思いますが、

私の場合は、お金を数えてる時に吸い込まれました。(笑)

確か、3000元(日本円で5万ぐらい)の引出しです。

 

結構なお金だったのでカードを挿しっぱなしで先にお金を数えてたら、スッと消えていきました。w

その後、警備員へつながるインターホンから片言の英語でいろいろ話してみたのですが、中国語しか通じず。

 

で、結局、セキュリティで吸い込まれたのだから悪用されることはないだろ、

と割り切って諦めました。

 

その後、2週間ほど中国に滞在した後、日本へ帰ってからカードの紛失届を出し、新しいカードに切り替えました。

何も悪用されてませんでした。

(〃´o`)=3 フゥ

 

お金を確認する前にクレジットカードを確認しろって感じですね。

わたくし、現金主義ですので。

 

ではでは次回も中国旅は続きます。

 

ビアエスおしり洗浄器