タイのバンコクからバスで約2時間で行くことのできる古都・アユタヤ。

バンコクからの日帰りで十分満足できます。

そこで今回はアユタヤの見どころをご紹介いたします。

 

 

☆  ワット・マハータート

タイ アユタヤ ワット・マハータート

アユタヤと言えばこの寺院。

入場料は50バーツかかります。

高さ44メートルの仏塔があったとされていますが、ビルマ軍によって破壊されたと言われています。

頭部を落とされた仏像がそのまま残されており、悲惨さを物語っています。

この寺院の最大の見どころは、仏像の頭部と木が一体となったもの。

仏像の頭を取ってお金に変えようとした人達が警察に見つかって、木のそばに置いておいたら、このようになったらしいです。

神聖なものとされているので見るときは仏像の頭部と自分の頭が同じ高さになるようしゃがんでお参りをしましょう。

 

 

☆ ワット・プラ・シー・サンペット

タイ アユタヤ ワット・プラ・シー・サンペット

こちらもアユタヤを代表する見どころの1つです。

中へ入るのに50バーツかかります。

3基の巨大な仏塔が並んでいる光景は圧巻です。

これらの仏塔にはそれぞれに3人の王の遺骨が納められています。

 

 

☆ ワット・ローカヤースッター

タイ アユタヤ ワット・ローカヤースッター

ここは涅槃像で有名なところです。

無料で見ることができます。

本当はこの涅槃像を覆うように建物が建っていたらしいのですが、壊されてしまったそうです。

私が行ったときはオレンジの布がかけられていました。

時期によってかけられている布の色が違うみたいです。

ちなみにオレンジという色はピースフル(平和)を意味しているらしいです。

 

 

☆ ワット・プーカオ・トーン 

タイ アユタヤ ワット・プーカオ・トーン

無料で見学することができます。

「黄金の山」という意味のこの寺院、この真っ白な仏塔が目を引きます。

この写真をよく見ていただくと分かりますが、実は仏塔の先が少し斜めに傾いてしまっています。

私が行ったときは工事中で階段をのぼることができませんでしたが、普段はのぼることができるそう。

最上段からはアユタヤの街を一望することができるスポットになっています。

 

 

さていかがだったでしょうか。

アユタヤは戦争の傷跡が色濃く残っている地域です。

またとても暑いです。

 

自転車を借りて寺院を周ることも可能ですが、体力や暑さへの耐性がないときついと感じました。

アユタヤを周るにはトゥクトゥクやタクシーなどをチャーターするか、タイ現地や日本の旅行会社のオプショナルツアーとして行くことをお勧めします。

特に今回紹介した場所はアユタヤのハイライトなのでどの旅行会社のツアーでも回ることができると思います。

是非バンコクを訪れた際には、1日アユタヤに羽を伸ばしに行ってみましょう。

ビアエスおしり洗浄器