コルサコフからユジノサハリンスクまでバスツアーに参加しました

サハリン(樺太)日本から一番近いヨーロッパと言われていますが・・・

ロシアって、ちょっとハードル高いですよね。

今回は、ビザ無しで、バスツアーに縛られた半日観光をしてきました。

 

 

ざっくり下調べをしていたので、予想通りとも言えますが、コルサコフは、寂れた漁港って感じでした。

海霧が立ち上がる中、古びたクレーンや漁船が並んでいました。

ロシア コルサコフ 漁船

これが、ロシアの現実なんだな、と。

バスがぼろいのも想定内。

道路に平行して線路が走っていますが、既に廃線かな?

 

 

途中、トイレ休憩で立ち寄った建物内に、簡易的なお店が並んでいました。

日本人が立ち寄るコースなのか、商品は、円、米ドル、ロシアルーブル、三種類の値札が付いていて、どの通貨でも買えるようになっていました。

ロシア お土産 キャラメル

私が購入したのは、ばらまき用キャラメル。

包み紙が、いかにもロシアなので、貰った人が珍しいかな、と。

味には期待していなかったのですが、意外に美味しく好評でした。

しかも、たっぷり入って300円。

3袋購入して、便利にばらまきました。

 

 

ロシア お土産 軍帽

軍帽を売っているとチラリと聞いていましたが、本当にありました!

本物なのか、お土産用なのか不明ですが、日本円で1200円。

勿論、定番のマトリョーシカもありました。

 

 

トータル一時間半位走って、ユジノサハリンスク(サハリンの州都)にある栄光の広場に着きました。

9月末のロシアだと言うのに初夏の陽気でびっくり。

ロシア サハリン ユジノサハリンスク

 

栄光・・・

ロシア サハリン ユジノサハリンスク

勿論、戦争で勝利したことを誇る為の施設なのでしょうね。

そして、此処は、昔、日本領土であり、日本人が統治していたところでもあるわけです。

ロシア人は、これを見て、誇らしく思うのかなあ・・・

誇らしい記憶なのか、悲惨だった記憶なのか、聞いてみたいと思いましたが、

ロシア語、できませんので。

 

 

とにかく、流石、州都?コルサコフより都会なのは解りました。

周辺の公園に、樺太神社の石段が未だ残っていました。

昔は、鳥居も残っていたそうです。

そして、そうそうたる参道が、そのまま広い道路となって、旧樺太神社まで続いていたのに驚きました。

日本の当時の国力と言うか、日本人の気概のようなものを感じました。

ただ、樺太神社の跡地は、今や、ホテルになっていたのでした。

 

 

兵士の像の後ろの壁は、戦死者のプレートがギッシリと並んでいました。

ロシア サハリン ユジノサハリンスク

その前には、傷ついた兵士の像・・・

沢山の犠牲の上に勝ち取った栄光と言うストーリーなのでしょうか?

土曜日の昼下がりですが、ロシア人の姿は、ほぼ無かったです。

まあ、広大なロシアの、極東の一部でしか無いのでしょうけれど、今のロシアを垣間見た感じでした。

 

 

飛行機でも行くことができますが、稚内から船で五時間半だそうです。

往復で約4万円。

あなたなら、どんなルートで行きますか?

ビアエスおしり洗浄器