スペインといえばフラメンコと出てくるくらい、スペインを代表するダンスであるフラメンコ。

バルセロナで、フラメンコを見てきました。

 

 

ルセロナ カタルーニャ音楽堂 フラメンコ
場所は、カタルーニャ音楽堂。

こちらは、建物の外観です。

フラメンコが始まるのは夜の19時頃だったので、辺りは暗くなっていました。

 

 

ルセロナ カタルーニャ音楽堂 フラメンコ

会場に入ってみると、建物内は大理石で作られたようなフローリングに赤い絨毯が敷かれ、重厚な雰囲気がただよっていました。

ダンスが行われるホールの装飾も細部まで繊細な装飾が施され、頭上にはステンドグラスが美しく輝いています。

とっても豪華絢爛で、ダンスが始まる前から、わくわくしていました。

調べてみると、このカタルーニャ音楽堂は有名な建築家に建てられたもので、世界遺産だそうです。

写真を見ると、装飾がいかに繊細かが伝わると思います。

世界遺産も納得の美しさです。

 

ダンスの所要時間は2時間ほどでした。

2時間と聞くと非常に長いと感じる方も多いと思います。

しかし、3つのテイストの音楽で構成されています。

私が行ったときには、アフリカン音楽に合わせて踊るプログラムも含まれていました。

斬新だなと思い、よく印象に残っています。

 

音楽が変わるごとに、衣装や踊りにも違いがあり、雰囲気がガラッと変わります。

そのため、始終退屈することなく楽しく見ることができました。

ダンスは、キレッキレでパワーを感じるのに、しなやかで、美しい。

生で見る迫力が最高でした!

 

このダンス自体も素晴らしかったのですが、私が一番感動したのは、ダンスではなく……

フラメンコのバックグラウンドの生演奏が最高でした!

 

よくよく考えてみると、この場所は音楽堂。

音楽が一番きれいに聞こえるように、設計されているのです。

もともとクラシック音楽などには微塵も興味が無かった私ですが、気づいたら繊細な楽器の音色に心を奪われていました。

特に、儚げで優しいフルートの音が素敵でした。

心の琴線に触れたのか、感動のあまり涙がほろりと出てきてしまったほどでした。

 

そして、これがきっかけで、一ヶ月後には、ウィーンにウィーンフィルを聞きに行ってきてしまいました!笑

というわけで、次回の記事はウィーンフィルの魅力をお伝えします。

クラシック音楽には全く興味が無かった数カ月前の私を考えると、信じられない変わりぶりです!笑

 

バルセロナでのフラメンコ。

素敵な生演奏も情熱的なダンスも、一度に二つ楽しめるところが良かったです。

ビアエスおしり洗浄器