料理

【ビアエス料理レシピ】ハンディシェアブレンダーでカロリーオフ、豆腐チョコレートカップケーキ!

チョコレートケーキと聞くとカロリーが気になると思います。

カロリーを気にせず美味しく食べたい!そんな願いを叶えるため、お豆腐を使ったチョコレートカップケーキを作ってみました。

ハンディシェアブレンダーがあれば、材料を入れて攪拌するだけ。

簡単に美味しいチョコレートカップケーキができます!

▽材料

チョコレート 50g
牛乳 大さじ1
絹ごし豆腐 120g
卵 1個
てんさい糖 20g
薄力粉 大さじ1.5
片栗粉 大さじ1/2
純ココア 大さじ1/2
アーモンド 適量
ホイップクリーム 適量


※上記写真材料に卵が追加されます

▽作り方

1. (下準備)チョコレートと牛乳を器に入れ、電子レンジで加熱し溶かしておく。



2.(下準備)絹ごし豆腐を水切りしておく。

3.全ての材料をハンディシェアブレンダーへ投入し、滑らかになるまで攪拌する。



4.容器に移し、オーブンを180度に設定、35分焼く。



5. アーモンドとホイップクリームを飾って完成。



▽作った感想

豆腐が入っているとは思えない濃厚なカップケーキが出来上がりました。

焼きたてを食べても美味しかったですが、一晩冷蔵庫に入れておいた後に食べてみたら、しっとり感が増してさらに美味しかったです。

サクサクのケーキというよりもっちりした感じのケーキになりました。

これは絹ごし豆腐のおかげかと思います。

でもチョコの味が強いので豆腐感はゼロです。


豆腐を使うことでカロリーオフにもなります。

今回はてんさい糖を20g入れましたが、割と甘いカップケーキになったのでもっと甘みを抑えても美味しいかと思います。


飾りとしてアーモンドを使いましたが、生地にもアクセントにナッツを入れてみたり、ドライフルーツを混ぜてみてもいいと思います。

ナッツを使う際にはぜひハンディシェイクブレンダーを使ってみてください。

手で粉砕するのは結構手間がかかりますが、ハンディシェイクブレンダーを使うと簡単に粉砕したナッツを作ることができます。


アーモンドにはビタミンEが豊富に含まれています。

1日に5粒程度食べると健康にいいと言われています。

ビタミンEは老化防止などにも効果的です。

美味しいデザートを食べながらも健康にも効果があるなんて嬉しい限りです。

ただ、アーモンドにはカロリーもありますので食べ過ぎには十分注意してください。


このレシピで使う絹ごし豆腐は必ず水切りして使ってください。

水切りしていない絹ごし豆腐を使うと、濃厚さが少し落ちる可能性があります。

豆腐の水切り方法はいろいろあるかと思いますが、電子レンジを使うと簡単に水切りできます。

絹ごし豆腐にキッチンペーパーを巻いて、電子レンジで2分加熱してみてください。

豆腐の水切りができます。

電子レンジで加熱してすぐにハンディシェアブレンダーを使うと故障の原因になる可能性があるので、粗熱をしっかり取ってからお使いください。


以前、豆腐クリームを使って豆腐ティラミスを作ったことがあります。

豆腐をハンディシェアブレンダーで滑らかにして作ってみましたがとても美味しかったです。

ハンディシェアブレンダーがあれば、豆腐もいろんな料理やデザートにアレンジして使うことが可能になります。

ハンディシェアブレンダーで滑らかなクリーム状にすると、味付け次第で生クリームの代わりになったりホワイトソースの代わりになったりいろんな料理に使うことができます。


砂糖を加えて甘い豆腐クリームにするか、コンソメを加えて料理に使える豆腐クリームにするか、いろいろ使えて料理の幅が広がります。

豆腐は安価、かつ栄養もありボリュームも増やせるという万能な食品です。

イソフラボンが含まれているので女性にはありがたい食品です。

ハンディシェアブレンダーを上手に活用して料理からデザートまでいろんなレシピに挑戦してみてください!

【ビアエス料理レシピ】ハンディシェアブレンダーで夏のデザート、いちごのヨーグルトババロア!

 

小さい頃、よく母が作ってくれていたのがババロアでした。

夏になると必ず作ってくれたこのババロア。

手作りのデザートがとても嬉しかったことを覚えています。

家にお友達が来た時にもおやつとして出してくれていたババロア。

今回は冷凍イチゴを使って母がよく作ってくれていたババロアのレシピをアレンジしてみました。

ハンディシェアブレンダーがあれば、手間のかかるイメージの手作りデザートも簡単にできますよ!

▽材料

冷凍いちご 100g

ヨーグルト 100g

牛乳 100ml

てんさい糖 10g

ゼラチン 5g

ホイップクリーム 適量

いちご 適量

ミントなど緑色のもの(今回はたまたまあった豆苗を使用)適量



▽作り方

1.牛乳50mlをゼラチンが溶ける温度までレンジで温める。温まったらゼラチンを入れてよくかき混ぜておく。

2.冷凍いちごを解凍する。電子レンジで約1分加熱すると大体解凍されます。



3.1で作った牛乳とゼラチン以外の材料のいちご、ヨーグルト、残りの牛乳50ml、てんさい糖をハンディシェアブレンダーへ投入。滑らかになるまで攪拌する。

4.ハンディシェアブレンダーで滑らかになったところに①で作ったものを投入しさらに攪拌する。




5.器に移して冷蔵庫で固まるまで冷やす。固まったらホイップクリーム、いちご、葉っぱを飾って完成。



▽作った感想

見た目も売り物のように出来上がりかなり満足です。

味も甘さ控えめに出来上がったので甘いものが苦手な方でも食べられるデザートになりました。

母が作ってくれていたババロアレシピには生クリームが使われていました。

今回アレンジしたレシピでは、生クリームは使っていないのでかなりヘルシーなデザートだと思います。

でもいちごのおかげか物足りない感じは全くありませんでした。

もう少し濃厚なババロアにしたい場合は、牛乳と生クリームを半々くらいにしてみてください。


飾りは、本来ミントを使うと思いますが、家になかったので豆苗で飾ってみました。

見た目は悪くないと思います。

食べることも可能です。


今回は冷凍庫にたくさん余っていた冷凍いちごを使いました。

冷凍したままハンディシェアブレンダーへ入れると、自動停止してしまう可能性があるので必ず解凍してから使ってください。

電子レンジは各ご家庭にあるものに合わせて時間を調節してください。

いちごじゃなくてもブルーベリーなどのベリー系フルーツだととても美味しく出来上がると思います。

私も今度ブルーベリーで試してみようと思います。


このレシピにクリームチーズを加えるとレアチーズケーキ風のデザートになります。

クリームチーズを入れることでコクが出てさらに美味しくなると思います。

ただ割とクリームチーズはカロリーが高いので、ヘルシーにしたい場合はこのままでよいかと思います。

十分美味しいです。

クリームチーズを使いたい場合は、室温に戻してからハンディシェアブレンダーへ投入してください。

その方がより滑らかになると思います。


お子さんに手作りデザートを作ってあげたい気持ちは、みなさんお持ちだと思います。

でもミキサーを使ってデザートを作ろうと思っても、片付けてある大きなミキサーを出して、材料を入れて作った後にまた片付けるという作業が面倒だと思います。

ついつい市販の物を出してしまいたくなる気持ちも分かります。

このハンディシェアブレンダーはキッチンに置きっぱなしでも全く苦にならない大きさです。

洗うのも簡単なので片付けの手間もなし。

さらにお洒落な外観のため、インテリアの一つとしても馴染みます。

毎日でも使いたくなる、そんなハンディシェアブレンダーです。


このレシピで家族4人分のデザートが出来ました。

毎日の食卓を手作りデザートで飾ってみませんか。

ぜひお試しください!

【ビアエス料理レシピ】ハンディシェイクブレンダーで大人も子供も喜ぶ、枝豆の冷製スープ!

子供から大人まで大好きな枝豆。

枝豆にはビタミンやミネラル、食物繊維など多くの栄養素が含まれています。

お酒のつまみとしてよく出てくるのは二日酔いにも効果があると言われています。

また、お子さんの離乳食にも枝豆はいいと思いますが、どうしても豆の状態では窒息の恐れがあるので与えることができません。

今回はハンディシェイクブレンダーを使って冷製スープにしてみました。

▽材料

枝豆(むき実) 80g
玉ねぎ 1/2個
バター(炒める用)10g
コンソメ 小さじ1
牛乳 100ml
水(煮る用) 適量
枝豆(飾り用) 数個



▽作り方

1.玉ねぎを薄くスライスしておく。

2.鍋にバターを入れて玉ねぎを炒める。柔らかくなったら枝豆を入れてさらに炒める。



3.炒めた玉ねぎと枝豆の鍋にコンソメを入れて、水を野菜が隠れる程度まで入れて煮る。



4.2の粗熱が取れたら、ハンディシェイクブレンダーへ投入する。牛乳も加えて滑らかになるまで攪拌する。



5.ハンディシェイクブレンダーから器へ移し、枝豆を飾る。冷蔵庫で冷やして完成。

▽作った感想

とてもクリーミーなスープが出来上がりました。

色もきれいな緑色になりました。

大人から子供まで大好きな味付けだと思います。

ハンディシェイクブレンダーで攪拌することで、裏ごしの必要もないスープができあがりました。

今まではこの裏ごしがとても面倒だったのでかなりの時短になりました。

枝豆も薄皮も全く気になりませんでした。

これならお子様にも安心して飲んでもらえると思います。

枝豆と玉ねぎを鍋で煮る際、できるだけ水分は少なめの方がいいと思います。

残った水分が多すぎるとせっかくの枝豆のうまみが薄れてしまう可能性があります。

写真のように水分がなくなるくらいでもいいと思います。

枝豆には豊富な栄養素が含まれているので、離乳食に良いです。

その場合はコンソメを少なめにしてみたり、無添加のコンソメを使ってみたりしてください。

枝豆はお子さんが大好きなものだと思います。

柔らかいものなのでそのまま食べさせてあげても問題なさそうですが、意外と危険が潜んでいることを知っていますか?

子供がそのまま食べると窒息する可能性があります。

ピーナッツなどはよく聞く話なので注意しているママさんも多いと思いますが、

枝豆のような豆でも起こることがあるそうです。

先日、保健士さんの話を聞いてきたら3歳くらいまでは注意が必要だということでした。

私もこの話を聞くまでは、2歳の子供が欲しがるので何も考えずにそのままあげていました。

まさか窒息の危険性があるなんてびっくりしてしまいました。

でもこのようにスープにすれば安心して飲ませることができます。

牛乳アレルギーがないお子様であればこのレシピでいいと思います。

牛乳を豆乳に変えても美味しいと思います。

今回枝豆は冷凍のものを使いました。

さや付きの枝豆を使ったのでさやから豆の部分を取り出すのが手間だなぁと感じてしまいました。

私が行くスーパーでは売っていないのですが、枝豆のむき実のみの冷凍枝豆も売っていることを知っていますが?

以前、宅配を頼んでいた時に出会ったのですが、さやから出す必要もなくそのまま使えてとても便利でした。

このスープももっと時短で作ることができると思います。

お近くのスーパーなどで見つけたらぜひ活用してみてください。

そのまま枝豆ご飯にしたりサラダに使ったり本当に便利でした。

ハンディシェイクブレンダーを使うことで、スープ系のレシピの幅がぐんと広がりました。

今まで買っていたようなスープも自宅で簡単に作ることができるようになりましたし、野菜嫌いの子供たちにも美味しいと言って食べてもらえるスープをたくさん作ることができています。

離乳食や幼児食で困っているママさんたちがいたらぜひ一度試してみてください。

野菜たっぷり栄養たっぷりのレシピが簡単に時間もかからず作ることができます。

【ビアエス料理レシピ】ハンディシェイクブレンダーではんぺんを使った、えびの揚げワンタン!



おでんの中に入っている定番の具といえば白はんぺん。

ふわふわしていてとても美味しいですよね。

焼いて食べても美味しいですし、サラダに乗っけても美味しくいただけます。

このはんぺん、他にもいろんな使い方が出来きます。

今回はこのはんぺんを、ハンディシェイクブレンダーを使って調理したいと思います。

ハンディシェイクブレンダーを使うと料理の幅が広がります!

▽材料

えび 50g
はんぺん 1/2枚
鶏がらスープの素 小さじ1
塩 少々
こしょう 少々
青じそ 5枚
*ソース
ケチャップ 大さじ1
中濃ソース 大さじ1

▽作り方

1.青じそ以外の全ての材料をハンディシェイクブレンダーへ投入。滑らかになるまで攪拌する。



2.ハンディシェイクブレンダーの蓋を開けて、カップの方に千切りにした青じそを入れてスプーンなどでかき混ぜる。



3.ワンタンの皮に包む。



4.フライパンに多めに油を入れて揚げ焼きにする。こんがり色がついたら完成。

▽作った感想

今までは、えびやはんぺんを自分でスプーンを使って潰して混ぜて作っていました。

今回ハンディシェイクブレンダーを使ったら、材料を入れるだけでタネが出来上がってしまうのでとても楽でした。

時間も今までよりかなり短縮されます。

味は青じその風味が効いた一品になりました。

えびが50gしかなかったので今回はその量にしましたが、もっと量が多くてもいいかと思います。

味付けは、おかずというよりはおつまみという感じで、ビールに合いそうです。

今回は青じそを別で入れてみました。

他の材料と一緒にハンディシェイクブレンダーで攪拌してもいいかもしれません。

青じそがもっと細かく練り込まれるタネが出来上がると思います。

今回の量だとワンタンが20個できました。

もっと多く作りたいと思う方もいると思いますが、ハンディシェイクブレンダーに入る量がこの量で限界でしたので、倍量で作りたい方は攪拌作業を2回に分けて行ってみてください。

ソースはお子様が大好きなケチャップソースにしてみましたが、醤油ベースにしてみたり、味噌ベースにしても美味しそうだと思います。

私は元々、東海地方出身なので赤味噌でできている「つけてみそかけてみそ」という商品を愛用しているのですが、こちらとの相性もバッチリでした。

揚げワンタンは揚げ焼きにするので、油の量も少なくてすみますし、時短にもなります。

タネの量も少ないので長時間揚げる必要もありません。

えびですが、今回はシーフードミックスの中に入っているえびを使いました。

みなさんはシーフードミックスの解凍はどのように行っていますか?

電子レンジや自然解凍などいろいろあると思いますが、解凍したあと水分が出ていたりしてちょっと美味しさが逃げているように感じたことはありませんか?

以前テレビで美味しくシーフードミックスを解凍する方法をやっていました。

①お湯を沸騰させる。

②お湯に対して1%になるように塩を入れる。

③沸騰したら火を止める。

④シーフードミックスをお湯の中に入れる。

⑤1分半後にザルにあける。

この方法で解凍するとプリプリのシーフードに戻るそうです。

私もこの情報を知ってからはいつもこのやり方で行なっています

シーフードミックスは生臭いから敬遠していた方も一度試してみてください。

ワンタンの皮レシピは、残り物の処理にとても役立ちます。

ちなみに私はお弁当のおかずによく使っています。

少し残ってしまったポテトサラダやお惣菜も、ワンタンの皮で包んで揚げるとまた違ったおかずに変身します。

子供達も普通なら食べないおかずも皮で包んで揚げると食べてくれますので、野菜を食べてくれないお子さんなどもこの方法を試してみるといいと思います。

おすすめのお惣菜は切り干し大根です。

今回ハンディシェイクブレンダーを使うことで潰す作業を短縮することができました。

ぜひお試しくださいね!

【ビアエス料理レシピ】ハンディシェアブレンダーで夏スイーツ、マンゴープリン!

夏といえばトロピカルフルーツ。

その中でもマンゴーはとても人気です。

そして、マンゴーといえば、マンゴープリンです。

横浜中華街に行くと必ず出会える絶品デザートです。

最近ではコンビニやスーパーでも売っていますが、これが自宅で作れたら嬉しいですよね。

今回は甘くて美味しいマンゴーを使ってマンゴープリンを作ってみました。

ハンディシェアブレンダーがあれば簡単にマンゴープリンを作ることができます!

▽材料

マンゴー 100g
牛乳 100ml
てんさい糖 15g
ゼラチン 5g
お湯 50ml(ゼラチンを溶かす用)
マンゴー 適量(飾り用)
ホイップクリーム 適量(飾り用)



▽作り方

1.ゼラチンをお湯にふやかしておく。

2. マンゴーは皮と種を取り除き、適当な大きさに切る。

3.マンゴー、牛乳、てんさい糖をハンディシェアブレンダーへ投入。滑らかになるまで攪拌する。

4.3にお湯にふやかしたゼラチンを入れて、ハンディシェアブレンダーでさらに攪拌する。滑らかになるまで攪拌するようにする。



5.器に移して冷蔵庫で冷やす。



6.固まったらマンゴーとホイップクリームで飾って完成。

▽作った感想

お店の味、とまではいきませんがしっかりマンゴーの味がするマンゴープリンが出来上がりました。

甘さもちょうど良かったです。

今回は生クリームなしで作ったので、もう少しムースっぽくしたければ牛乳と生クリームを半々くらいにするといいと思います。

マンゴーの甘さにもよりますので、甘みの量も調節してみてください。

私はてんさい糖を使っていますがもちろん普通の砂糖で作ることができます。

その場合も、同じ分量で大丈夫です。

またはちみつやシロップでもいいと思います。

今回はペリカンマンゴーという種類のマンゴーを使いました。

一般的にマンゴーというと皮が赤いアップルマンゴーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

宮崎県などでよく出回っているアップルマンゴーは割と高価でなかなか手に入るものではないと思います。

今回使ったペリカンマンゴーですが、なんと1個100円で八百屋さんに並んでいました。

調べてみるとアップルマンゴーとは種類は違いますが味はマンゴーの味ということでこちらを購入して作ってみることにしました。

中にはすっぱいペリカンマンゴーもあると書いてあったので少し心配でしたが、とても甘くて美味しいマンゴーでした。

そんなマンゴーが100円で手に入るなんて感動です。

ペリカンマンゴーは長細い形のマンゴーです。

皮も黄色をしていて、アップルマンゴーとは全く見た目が違います。

半分に切ってみると、中に種が入っているのでこちらを取り除いて使ってください。

このレシピ、缶詰のマンゴーでももちろん作ることができます。

缶詰の場合はかなり甘さがプラスされていると思うので、砂糖は控えめで作ってください。

家にあるマンゴーの缶詰の記載を見てみたらシロップ漬けにしてあると書いてあったので、砂糖は入れなくても十分かもしれません。

今回は、粉ゼラチンを使いました。

記載の通りゼラチン5gに対してお湯50mlでふやかして作りました。

ゼラチンもご自宅にあるもので大丈夫ですので、板ゼラチンでも作れます。

ゼラチンがない場合は寒天でもできると思います。

今度私も試してみます。

ハンディシェアブレンダーで作ったマンゴープリンは家族にも大好評でした。

見た目もお店に置いてあるようにしたので、ホームパーティなどでお友達に出せば喜ばれること間違いなしです。

ぜひハンディシェアブレンダーでマンゴープリンや冷たいデザート作りに挑戦してみてください。

ハンディシェアブレンダーでフルーツを滑らかに攪拌することができるのでいろんなフルーツで作ることができます!

【ビアエス料理レシピ】ハンディシェイクブレンダーで栄養満点ほうれん草の蒸しパン!

みんな大好き蒸しパン。

朝ごはんにもちょうどいいですよね。

そんな蒸しパンをマグカップで簡単に作ってみました!

洗い物も少なくて済みますしとても簡単に出来てしまいます。

今回はハンディシェイクブレンダーで作ったほうれん草のピューレを入れて栄養満点な蒸しパンにしてみました。

▽材料

ほうれん草のピューレ 小さじ2
ホットケーキミックス 50g
牛乳 大さじ1.5
砂糖 小さじ2

▽作り方

1.ほうれん草のピューレをハンディシェイクブレンダーで作る。(ほうれん草のピューレ記事参照)

2.全ての材料をマグカップに入れてかき混ぜる。

3.マグカップにふんわりとラップをする。電子レンジで600W1分30秒加熱して出来上がり。

▽作った感想

かなり甘くて朝ごはんというよりはおやつ感覚の蒸しパンが出来ました。

砂糖はお好みに合わせて減らしてもいいと思います。

また、ほうれん草の緑色がとても鮮やかで食欲をそそります。

何よりマグカップだけで完結してしまう手軽さがいいです。

電子レンジはご家庭にあるものによって加熱時間が微妙に違ってくると思いますので、調節しながら作ってみてください。

ハンディシェイクブレンダーで作ったピューレを使えば、気軽に野菜を食べることができます!

【ビアエス料理レシピ】ハンディシェイクブレンダーで子供のおやつ、ほうれん草のクッキー!

お子様のおやつに安心安全なものを選びたいと思うママさんは多いと思います。

手作りしてあげたいと思ってもなかなか時間が取れないというママも多いはず。

今回は材料も少なめ、工程も簡単、さらにほうれん草を入れた栄養たっぷりのおやつを作ってみました。

前回ご紹介した、ハンディシェイクブレンダーで作ったほうれん草のピューレを使います。

▽材料

ほうれん草のピューレ 大さじ1
薄力粉 110g
牛乳 30ml
オリーブオイル 30ml
はちみつ 大さじ1
バター 大さじ 1

▽作り方

1.ほうれん草のピューレを作る。(ほうれん草のピューレ記事参照)

2.全ての材料をボールなどに入れてかき混ぜる。

3.生地がまとまったら、綿棒で伸ばして型を抜く。(今回は包丁で四角に切ってみました)

4.オーブンを200度に予熱。15分焼く。

5.はちみつとバターを混ぜて湯煎してドロドロにする。焼けたクッキーにハケなどで塗る。

▽作った感想

味はクラッカーのような素朴な味です。

砂糖などは入れていないので、甘味はあとからはちみつバターを塗ることでオンしました。

1歳未満の小さいお子様に、はちみつはダメなので、はちみつバターなしでおやつとして与えてください。

今回はボールでやりましたが、普段はポリ袋やジップロックに全ての材料を入れて混ぜ、そのまま綿棒で伸ばして生地を作っています。

洗い物も減るのでおすすめです!

柔らかめの生地なので、型が抜きにくい場合は冷蔵庫で冷やしてから型抜きをしたりしてみてください。

オーブンの焼き時間は機種によって多少変わると思うので様子を見ながら焼いてみてください。

ハンディシェイクブレンダーで作った野菜のピューレがあるとこんなにも簡単におやつに野菜を取り入れることができます!

参考にしてみてください!

【ビアエス料理レシピ】ハンディシェアブレンダーでカロリーオフ、豆腐レアチーズケーキ!

これからの季節、冷たいデザートが美味しいです。

その中でもレアチーズケーキはおすすめです。

でもレアチーズケーキにはクリームチーズや生クリームが使われるので意外とカロリーが高いです。

今回、美味しさはそのまま、でもカロリーオフできるようなレシピをご紹介します。

クリームチーズを使わず絹ごし豆腐を使って作りました。

ハンディシェアブレンダーがあれば、簡単にデザート作りができます。

▽材料

絹ごし豆腐 100g
砂糖 30g
ゼラチン 5g
お湯 50ml(ゼラチン用)
牛乳 50ml
ヨーグルト 50g
生クリーム 50ml
レモン汁 大さじ1
クラッカー 20g
無塩バター 10g
冷凍イチゴ 5粒(イチゴソース用)
はちみつ  大さじ1(イチゴソース用)



▽作り方

1.豆腐はキッチンペーパーに包んでざるに乗せて一時間ほど水切りする。

2.ゼラチンはお湯50mlに溶かしておく。

3.袋にクラッカーを入れて砕く。溶かしたバターを加えて混ぜ合わせる。器の下に敷いて、手などで固める。

4.ハンディシェアブレンダーに豆腐、砂糖、牛乳、ヨーグルト、レモン汁を入れて滑らかになるまで攪拌する。滑らかになったら②を加えてさらに攪拌する。



5.④で出来上がった中に生クリームを入れてハンディシェアブレンダーを稼働させてさらに攪拌する。

6.液を器に移して、冷蔵庫で冷やす。

7.イチゴソースを作る。小鍋にイチゴとはちみつを入れて煮立てる。トロっとするまで煮たら火から下ろして冷ます。


8.固まったチーズケーキの上にイチゴソースをかけて完成。



▽作った感想

豆腐が入っているとは思えないほどおいしいレアチーズケーキでした。

カロリーもオフされていいことだらけです。

レアチーズケーキだけでも十分甘くて美味しいのでソースがなくてもいいと思います。

簡単におうちにあるジャムなどをトッピングしてみてもおすすめです。

ハンディシェアブレンダーで攪拌しただけなので、とても簡単なのに見た目も鮮やかなデザートが出来上がりました。

是非お試しください!

【ビアエス料理レシピ】ハンディシェアブレンダーで、簡単さつまいもカップケーキ!

手作りのおやつを作ってあげたいと思うお母さんは多いですよね。

でも手作りは手間がかかるのでなかなか作ってあげられないと諦めていませんか?

今回はハンディシェアブレンダーを使って簡単にさつまいもケーキを作ってみました!

▽材料

さつまいも 130g
牛乳 100ml
卵 1個
薄力粉 15g
溶かしバター 25g
てんさい糖 30g
ホイップクリーム 適量(飾り用)
さつまいもチップス 適量(飾り用)

▽作り方

1.さつまいもはレンジなどで柔らかくして(今回は焼き芋の残りがあったのでそちらを使用)、小さめに切っておく。

2. 全ての材料をハンディシェアブレンダーへ投入。滑らかになるまで攪拌する。



3.器やカップに移す。



4.オーブンを170度に設定、50分焼く。



▽作った感想

さつまいもの優しい味のするケーキになりました。

今回はカップケーキにしてみましたが、小さいケーキ型であればこの分量でも作ることができます。

量を倍量にすると15センチのケーキ型で焼くことができますが、ハンディシェアブレンダーで攪拌する際に、全部入りきらないので2回に分けてタネを作る必要があるので注意してください。

ホイップクリームで飾ればおしゃれなプチケーキになります。

手間をかけずに美味しいおやつができました。

是非お試しください!

【ビアエス料理レシピ】ハンディシェアブレンダーを使って、豆腐入りチョコレートブラマンジェを作ろう!

夏に向けてダイエットしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

でも甘いものも食べたい!

そんな方々のために今回は豆腐を使ったおやつをご紹介します。

ハンディシェアブレンダーを使えば、絹ごし豆腐を生クリーム代わりに使ったおやつを作ることができます!

▽材料

絹ごし豆腐 150g
牛乳 50ml
チョコレート 20g
粉ゼラチン 5g
お湯 50ml

 

▽作り方

1.粉ゼラチンをお湯にふやかしておく。

2.絹ごし豆腐、牛乳、チョコレートをハンディシェアブレンダーへ投入し滑らかになるまで攪拌する。

3.2に1を入れて、さらにハンディシェアブレンダーを稼働する。



4.器にうつして、冷蔵庫で冷やす。



▽作った感想

味はかなりあっさりしたものになりました。

ブラマンジェ本体は甘味がチョコレートの甘味のみなのでかなり控えめです。

もっと甘味がほしい人はシロップやはちみつを加えて作ってみてください。


今回はホイップクリームとフルーツで飾ってみました。

ホイップクリームのところと一緒に食べると甘党の人でも満足していただける甘さになると思うので、トッピングで甘さをプラスしてもいいと思います。

牛乳にチョコレートを入れてレンジでチンして作ったチョコレートソースをかけても相性がいいです。

豆腐入りだから罪悪感もなく食べることができます!

注意点ですが、チョコレートはある程度刻んだ状態で入れないとハンディシェアブレンダーが自動停止してしまうのでご注意ください。